ホットスムージー ダイエット

ホットスムージーでダイエットしよう

スムージーは、多くの野菜や果物を無理なく摂れますよね。
しかし、寒い季節や朝から冷たいスムージーで、冷え性になることもあるのです。
それなら、ホットスムージーでダイエットしませんか?

 

@ホットスムージーが朝オススメな理由

  • 睡眠中は体温が下がり、寝起きも体温が下がっているため体温上昇のサポートになる
  • 体温が1℃上昇で、基礎代謝は13%、免疫力も約30%向上する
  • 代謝を高め、老廃物を溜め込まない身体になり、太りにくい体質になる

 

朝、ホットスムージーを飲むことで、内臓を温めて体温を上げることができます。
すると、午前中から内臓は活発に動き、消費エネルギーが増えるのです。
そのため、ダイエット効果がより高くなるといわれています。

 

A身体を温める効果のある食材を選ぼう

「選び方の基本」
  • 冬が旬
  • 産地が寒い地域
  • 地面の下で育つ

 

温度の低いところ(地面の下・冬・寒い地域)で育つものは、身体を温める傾向があります。
ところが、大根など例外もあるのです。
地面の下で育ち、冬が旬な大根も生だと身体を冷やしてしまいます。
ですから、あくまでも基本の3点として覚えましょう。

 

野菜

 

  • 白菜
  • ほうれん草
  • 小松菜
  • ユリ根
  • カブ
  • ネギ
  • ショウガ
  • ゴボウ
  • カリフラワー
  • ブロッコリー
  • 春菊

 

果物

 

  • さくらんぼ
  • りんご
  • ブドウ
  • あんず
  • イチジク
  • オレンジ
  • モモ
  • みかん
  • 金柑

 

その他の食材

 

  • ナッツ
  • スパイス
  • ココア
  • 豆乳
  • 黒砂糖

 

Bスムージーとして使用する時のポイント

 

  • 野菜は、あらかじめ軽く茹でておく
  • ブロッコリーやカリフラワーは生でも食べられるため、そのままの使用も可能
  • 春菊などのアクが強い野菜は、サラダ用を購入したり、一度茹でてから使う

 

ホットスムージーで、代謝を高めてダイエットを成功させましょう。
美肌効果もありますので、ダイエットと美肌を両方手にして下さいね。