ホットスムージー レシピ リンゴ

りんごを温めて効果UP!ホットスムージーのレシピを覚えよう

スムージーを、美容と健康のために続けている方も増えましたよね。
美肌も健康も腸を整えることが、一番の近道です。

 

1.冷たいスムージーのデメリット

  • 冷たいスムージーは内臓を冷やし、深刻な冷え性になる
  • 内臓温度が1℃下がると、基礎代謝は正常時より10%以上下がる
  • 基礎代謝が下がると脂肪は内臓脂肪からつく

 

冷え性は女性の大敵ですよね。

 

2.ホットスムージーのメリット

  • 酵素は38℃〜40℃で破壊されても、効果がUPする食材もある
  • 整腸効果UP(りんごに含まれる水溶性食物繊維ペクチンを温めると含有量UP)

 

他にも冷え性改善・ダイエット・老化予防・美肌・疲労回復などがあります。
酵素がなくても自分自身の体の中で酵素と同じように新陳代謝を上げましょう。
毒素を体外に排出する力もホットスムージーを飲むことでつきます。

 

3.りんごを使ったホットスムージーレシピ

免疫力UP&むくみ解消フルーツスムージーレシピ

「材料」
  • 2〜3カップ分
  • カリフラワー:100g
  • りんご:90g
  • はちみつ:大さじ1〜
  • お湯:120ml
「作り方」
  1. 材料を適当な大きさに切り、ミキサーに入れる
  2. お湯を注ぎ、ミキサーを回して滑らかになれば完成

 

カリフラワーは、レモンに匹敵するほどビタミン豊富です。
ビタミンCには、抗酸化力や美肌、風邪予防などの効果もあります。

 

ホットグリーンスムージーのレシピ

「材料」
  • りんご:1/2個
  • バナナ:1本
  • しょうがスライス:2枚
  • 小松菜:3束
  • 水:80cc
「作り方」
  1. 適当に切ったりんごとしょうが、水をレンジで2分温める
  2. 温めた材料と残りの材料をミキサーに入れ、滑らかになるまで混ぜる

 

りんごとしょうが以外の材料は生ですから、酵素もビタミンもしっかり摂れます。

 

ホットグリーンスムージーは、生野菜とフルーツは今まで通りです。
違いは「温めたものを組み合わせる」こと、これなら冷たくありませんよね。
アイディア次第で組み合わせ無限なホットスムージー、あなたも試してみませんか?