ホットスムージーにバナナ

ホットスムージーになるまでのバナナの歴史

バナナは歴史的な観点から見ても、古くから存在しています。
かつて東南アジアで突然変異した種の無いバナナを、人が栽培したのがバナナの始まりです。
バナナが日本に伝わってきたのは、戦国時代だと言われます。
バナナを食べた最初の日本人は織田信長という説が有力です。

 

本格的にバナナが輸入されるようになったのは、日清戦争の後からです。
当時は高価な食べ物でしたが、最近では気軽に食べられる食材です。

 

バナナは、世界中で栽培されている植物です。
野生種を含めると、300種類以上が確認されています。
生食用と調理用バナナに分けられ主食としても、用いられているのです。

 

熱帯地域の人々にとっては、重要な作物です。
北緯30度から南緯30度にわたる地域を、バナナベルト地帯とも呼びます。
エネルギーの源となる糖質だけでなく、ビタミンやミネラルも豊富に含むのです。
そのため、病後の栄養食として効果的です。

 

そして、現代でホットスムージーの食材として使用されるようになったのです。

 

 

ホットスムージーで得られるバナナの栄養素

 

糖質について

 

  • デンプン
  • ブドウ糖
  • 黒糖
  • ショ糖
  • オリゴ糖

 

ビタミン類について

 

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンC

 

その他の有効成分について

 

  • ポリフェノール
  • タンニン
  • βカロテン
  • カリウム
  • ペクチン
  • 鉄分
  • マグネシウム
  • カルシウム

 

活性酸素から身体を守る働きがあるので、老化防止や肌トラブルの解消に効果的です。

 

ホットスムージーでバナナを使用したときの効果

 

バナナに含まれている成分で注目したいものに、「トリプトファン」があります。
「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンの材料となる成分です。
セロトニンがしっかり分泌されていると、便秘や冷えの解消・アンチエイジング効果にも期待できます。
また、メラトニンなども睡眠を促し、不眠解消に効果が期待できるのです。

 

 

生で食べても、美容や健康に効果的なバナナです。
ホットスムージーにすることで、より美味しく摂ることができます。
寒い季節は、バナナのホットスムージーで、冷えに負けないようにしましょう。